30代になってからは食べたら食べただけ見た目に現れるように

昔は少々食べ過ぎても体型を維持できていたのですが、30代前半からは食べたら食べただけ見た目に現れるようになりました。

しかし大好物の甘いものをやめることはできない……。

なのでやせ我慢せず、かつ体重、体型に響かないように、スイーツは日に1つの品を午前中に口にするというルールを作りました。

カロリーは度外視して、品数を重視しています。

そんな訳で、甘さ控えめのわらび餅でも甘いクッキーでも、同列なのです。

チョコスナックみたいなのだったら一袋もいいことにしています。

ですが大袋は決め事として、二分の一とか四分の一とか考えて食べています。

午前中に楽しんでいるので、スイーツに飢えることもなく穏やかに過ごせますし、何kcalまでとか決めていないのでややこしいことなく、その日に口にしたいおやつをチョイスできます。

また、スポーツなど特別なことをしなくても、家事などをしてるだけでしっかりと消費カロリーを増やせるので、体重増加にストップをかけることができました。

ちなみに夕方などにスイーツが食べたくなったら、低カロリー甘味料入りの飲み物などを口にして、乗り越えています。

体にやさしい食べ物を選んで食べています。

子どもが口に入れる物は出来るだけ身体にやさしいものを買うようにしてるし、それはスイーツも同じと考えて買っています。

当然飲料も身体に優しい健康を補うようなものばかり選んでいます。

これだけとことんやると家族も不満そうな顔をするのですが私はがんばります。

ときには糖分がたっぷりの炭酸飲料やジュースなど飲みたくなるらしいのでしょうがなく買いますが普段はそれは許されません。

飲むものは日本茶か野菜ジュースがほとんどだし、ジュースは保存料など使われていない本物のジュースを買うようにしています。

濃縮還元のジュースがほとんどなので濃縮還元はやむを得ないと思い買っています。

当然お菓子も飲物と同様に体に悪影響を与える物が多く使われていないかよく調べます。

添加物が多いスイーツはできるだけ選ばないようにしていますよ。

お煎餅は食品添加物が少なめなのでよく買いますね。

長い間人気のあるスイーツを買うことにしています。

わたしは肌がきれいだといつも褒められます。

あたし自身、自分でもお肌はきれいだと思います。

顔もからだも肌のキメも細かいですが、できるだけのことはやっています。

それはメイクオフと洗顔とお風呂のあと素早く保湿することを毎日忘れずにやるということです。

たったこれだけのこれは努力とは言わないとツッコまれそうですが、毎日欠かさないのは意外と難しいことだし、あたしは嘘でもなくこれを続けているだけです。

しかし、これを日課にして10年以上は続けています。

どんなに飲みに行って遅くなっても必ず化粧を落としてから就寝します。

徹夜で遊んであくる日そのまま出社となっても一旦しっかりメイクを落としてから化粧をし直します。

さらに洗顔後は数分以内に保湿化粧水でばっちり保湿します。

体についてはお風呂の後、この時も5分以内にスキンミルクを擦り込みます。

高価なものではありませんが、安価なものでも使い続けていれば美肌になれます。

帰りが遅かったから化粧を落とさないで眠ってしまったり、お風呂や洗顔の後時間を置いてから保湿ケアをやっている女性も多いと思います。

けれども、そのたった一日のために一気に肌荒れに直結してしまいます。

欠かさず続けることで楽々ときれいに肌になれるんです。

コメントを残す